How to fly the sky ★☆★

日本のロックバンド「スピッツ」をつぶやくブログです。

スピッツ90年代のころの・・・ひとりごと

itunes.apple.com

スピッツは1991年にメジャーデビューして、

そのころの自分はというと学生・・・。

お兄さんバンドの大勢のうちのひとつ・・・いう印象。

 

夜中の番組とかでスピッツの曲がタイアップされ、

徐々に世の中にスピッツが浸透し始めたころ、

青い車」をよく聞いていたかな。

その聞いていた曲が入っているからと、

買ったアルバムは「空の飛び方」。

空の飛び方 | SPITZ OFFICIAL WEB SITE

 

このころは3000円するCD一枚買うことに厳選し悩んだころ。

そのCDは今も持っていて、そのころのCDには、

CDの裏面を守る保護シートがケースに今も貼られていて、

大事に思う気持ちと時代を感じる。

 

CDがついた車もあったかなかったのころ、車で聞くのに

この中の曲をカセットにダビングしドライブ用にセレクトしてくれた

毎日とは言わないが同じ時間を学校も違うのに一緒にすごした友人。

このアルバムを聴くとそのころの思い出がよみがえる。

 

その友人は浜田省吾スピッツ

ミスチルの初期の3枚のアルバムなど進めていたが、

今更、最近になってスピッツと浜省は同じ事務所のアーティストと知った。

 

そのころCDコーナーでバイトしていたので、在庫チェックしていたので、

にわか知識なりにレコード会社名とか気になり、

スピッツはポリドールというレコード会社から出されていて、

流行りの音楽とは何か違うんだろうと思っていた。

当時の流行りのCDジャケットの雰囲気ともまた違う。

 

そのころの売れていた記憶のあるCDはBOWWYのCDで解散から何年も経っていて、

歌っていた姿を知らない年齢の人たちが購入し売れつづけていた。

 

スピッツのCDは長い間、気に入っていたこともあり、

処分せず、大事に持っていて今でも車の中で聞いている。

曲とタイトルは一致しなくても曲は知っている。

持っていても違和感のない時代は多少感じても色あせてない。

なんせCDは古いのでパソコンにCDに取り込んでも

タイトルとか出てこないんだけどね・・・^^;

自力で入れさせてもらったけど。。。

9/2 9/3 SPITZ スピッツ♪マリンメッセ福岡 


f:id:howtoflythesky:20170909223252j:plain

もう、スピッツの夏も終了しました。今回は4回参加しました。

おかげで4回ともそれぞれに楽しめました。

やはり、福岡の公演は・・・特別です。

 

完全なスピロスにはまって出られませんので、

昔のライブDVDを購入してしまったところです。

マリンメッセ福岡でのスピッツの単独公演は初でした。

 

f:id:howtoflythesky:20170909223233j:plain

9/2

マリンメッセ1日目早めに車で到着。まわりには8893ナンバー多め!

すでに広島で物販を購入しましたが、

改めてまた買いたいものを購入。混雑なくスムーズに購入。

席はスタンド、リーダー側。

アリーナで言うと30列前くらい。上から見下ろすかなり見える!!

リーダーの動き、ばっちり追いかけ見れた。

リーダーのノリノリな演奏で「俺のすべて」のときは

歌うパートのまえにステージの端っこにいて急いでかけ戻る姿が見れました。

1語くらいマイクに拾ってもらえないくらいに戻りついた姿は、

なんか可愛い。。。

 

マサムネさんは、

白い縦じまのシャツ、黒めの細いジーンズ、黒いスニーカー。

「今日はたのしんできー」みたいな博多弁。

この日の福岡ネタは体育座りは「やー」という

ダチョウ倶楽部のネタみたいな・・・言い方になってました。

歌の紹介で「歌ウサギ」のときにマサムネ氏は

「テツヤが歌ウサギを雪うさぎと間違える」と言ってた。

福岡の土産品のことなのかは不明だけど、

頭の中は「雪うさぎ」のメロディーが・・・。

 

f:id:howtoflythesky:20170910002353j:plain

9/3

マリンメッセ2日目

アリーナの30列目、三輪さん側。端っこ。

 

端っこって基本的に・・・ステージの中心の方向へ、

大きい人の隙間から必死に見ることに集中しましたが、

マサムネ氏とリーダーと端までやってきたときに、

まっすぐ、人が全くいない通路に正面で視覚に入ってきた!!

遠かったけど、びっくり。。。

しかもフォトグラファーの内藤さんが真横を走る!!

 

この日は2日目で福岡の滞在時間が長くなったせいか、

福岡ネタが次々と出てきて、MCが長めでした。

ワードも地名に場所にと・・・

能古島、藤崎、ももちパレスビブレホール志賀島からヤフオクドーム、

西公園と福岡の地名がいっぱいでてきて、

博多弁トークも前日より増した訛り。。。

田舎のおじいちゃんがしゃべるくらいのトーク

「夏休みに能古島にカブトムシばとりいって、がばふとかムカデがおって

ビックリしたっちゃけん」って。。。

ご自身は小松政夫さんみたいな博多弁とおっしゃってましたが…どうでしょ。

トークの充実は9/3のほうが福岡感ありでした。

 

ライブは・・・聴いた曲のセトリであったけど、

毎回新鮮に聴いて歌いました(笑)意外と前の公演のこと忘れてるかな。

8893、俺のすべて、ヒバリのこころ、メモリーズカスタム、けもの道・・・他も

歌も演奏もトークも逃さず聞きたい気持ちは変わらず。

おそらく解散しなさそうだし、

まだまだ続けそうで楽しみに待っていてよいと

安心させられた部分もありました。あとの心配は…健康!のみです。

 

 

両日ともアンコール時はソフトバンクの鷹の祭典のユニフォームを着用。

好きな言葉は「サファテ」とおっしゃる。

f:id:howtoflythesky:20170910010358j:plain

 

公式ブログでは鷹の祭典をもじって、「スピッツの祭典」と。

お姿は公式ブログで拝見できます。

 

ツアーブログ | スピッツ結成30周年記念ツアーブログ

 

個人的には「ハチの針」がまた聞きたい。

アンコールでなかったなぁ。

ラストに「君は太陽」は明るく帰宅できるので好きです。

というのも「春の歌」は好きなんだけど、

どこか淋しい気持ちがはいるんで・・・。

 

 

 

週末!スピッツ♪初マリンメッセ

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”

9月2日と9月3日やってきます!!!スピッツ

福岡でのアリーナは前々回のツアー、

2014.7.22福岡国際センター以来!

 

f:id:howtoflythesky:20170830232841j:plain

   ↑ 昨年11/2醒めないのツアーのサンパレスの隣の福岡国際センター ↑

    大相撲九州場所・・・中でした。

 

さすがに福岡国際センターであったときには

満員御礼か心配がちな・・・スピッツトークで始まっていましたが、

今回はもっとビッグな会場!!!

同じのようなトークから始まるんでしょうか!!!(笑)

 

しかも今回の席はちょっと変わった位置から。。。

いつもの前のほう、後ろのほう、どこにはいるんだろう。

今回はじめてベルゲンでとったチケット。

スピッツ本読んだり、セトリの曲聞きながらワクワクしいます。

醒めないのツアー後、醒めないまま・・・10か月。

スピッツ / ヒバリのこころ - YouTube

Spitz - 8823 - YouTube

ライブ定番の「ヒバリのこころ」「8893」最初からガーンときます。

 

今回の30周年の夏のお祭りは3回目になるけど、醒めずに楽しみです。

 

前回のツアーは岩田屋さんの差し入れがあったためか、

丁寧にお気遣いされたマサムネ氏とスピッツのみなさまの

岩田屋トークがされていたので、

今回はもっと自由なうどんのこととか、

あったかい福岡の話をしていただきたいところです。

「福岡人は明太子やとんこつラーメン、

もつ鍋はしょっちゅう食べんとよ」っとゆる~いお話を。

f:id:howtoflythesky:20170830232930j:plain

 

 

 

 

テアトロンの外ならではの覚え書き♪

8/12さぬき市テアトロンで野外ならではの記録。

********************************

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”

終演後花火上がる。

********************************

夕日がしずむ穏やかな海をバックにいい感じに夜を駆けるへ

********************************

曲にかまわず蝉の鳴き声

時間とともにステージに虫がやってくる

マサムネ氏:蛾が近づくが「虫はたんぱく質!」と言い切る。

********************************

崎ちゃん

呼ぶときには「セクシー」と呼んでとテッちゃんより

********************************

香川県代表 甲子園での三本松高校の活躍を祈る

地元のみなさまに配慮したマサムネ氏

********************************

スピッツ音頭

太鼓の音に合わせステージで踊りたい らしい・・・

歌は天童よしみさんにスピッツの曲を盆踊りっぽく歌ってもらいたいと

********************************

こんにゃくカレー

野外ライブの話のなかで、若いときによみうりランド

お金出してライブをしたときにリーダーの家に泊まり、

カレーを食べたときの具材がこんにゃくとミックスベジタブル!!

********************************

暑い中の開催にて

ドラムやシンバルが熱がこもっている!

触れたら火傷する。昼間はかなり暑かった・・・よね。やはり。

********************************

ドローンでの撮影!映像化の期待!!!

********************************

★曲のこと

1日目と2日目で若干曲が違い、

個人的に聞きたいと思っていた

「さらさら」「波乗り」「恋のうた」が聴けた。

エスカルゴ」が聴けなかったことが少し残念。

曲と外の暗さが1日目より2日目がリンクした「夜を駆ける」

「俺のすべて」・・・まじカッコいい。。。

 詐欺師でも呪師でもカッコいいよ。

8/12テアトロン スピッツの野外ライブに行く!

 

7/22広島グリーンアリーナ後、

行ける?行く?となり8/12香川県のさぬき市のテアトロンの公演を

見に行くことにしました。スピッツの野外ライブは初めて参加です。

 

でも福岡よりどう向かうか・・・と

新幹線にのり岡山駅へむかう。岡山から瀬戸大橋線快速マリンライナーで高松へ。

高松駅より志度駅(さぬき市)へ向かい、さぬき市役所の駐車場から、

臨時のシャトルバスで30分ほど揺られ山の中へ。

駐車場から山を20分ほど下り会場へ。

 

 

f:id:howtoflythesky:20170814003705j:plain

 

すんごい行列を下り、見えた先は入り口さらに下る。

座席はすり鉢状で今までの会場と違い人の頭の間から覗き見ることなく、

明るい時間より開始され、前が良く見える!!!

潮のかおりと虫との戯れもあり、いろんな人のかおが良く見えるライブでした。

 

ツアーブログ | スピッツ結成30周年記念ツアーブログ

 

ツアーブログからも見れますが、スピッツ21年ぶりのこの会場♪

なかなかのすんごい場所であり、

行く価値のあるライブであったことは間違いなかったですが、

あの国立公園内の四国の端っこまで交通手段は1本バスのみという、

体力勝負の過酷な道のりで広島グリーンアリーナは街のど真ん中で、

交通の便がとてもよかったと身に染みました。

 

ライブトークでマサムネ氏の

「どうっやっていくか調べた」というような、

なかなかの場所でした。

 

岡山に宿泊にしたので帰りも申し訳ないけど、

1時間に1本の電車に早くのれるよう、

最後の曲を背に来た道を駆けあがり、終了後の花火まで上がる演出も

チラ見で真っ暗な山道を駆けあがるサバイバル。。。

席の場所からだと会場整理され、後からしか出れなかったみたいで、

おかげで会場脱出の渋滞に巻き込まれず、

福岡でお会いするので「君は太陽」を唄いながら、さよならしました。

 

なんかとても体力的に疲れたけど、

今までのアリーナツアーにない充実感がありました。

めっちゃ見えたし、設営も異なって外なので演出もまた違っていたし。

また細かいことは改めて。

福岡から向かって片道5時間くらいかかったかな・・・。

 

 

 

高熱!!醒めない、ロック大陸!の覚え書き

7/22広島グリーンアリーナ

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”

今年はじめてのスピッツのライブ。感想、覚え書き・・・。

********************************

ベスト盤=シングル曲を集めたCD (一般的なもの)

itunes.apple.com

いい作品を作ってそのときのベストな作品との解釈もあり。

個人的には15thのアルバム「醒めない」が発売されたときの感動なのかな?

spitz-web.com

 

Spitz

  • J-Pop

itunes.apple.com

また次がでたらこの気持ちの満足感となりますよう。

********************************

カープうどん

マツダスタジアムソウルフード 麺は赤でなく白い。

********************************

光GENJI

大騒ぎだった全盛期が1987-1990ごろ

私がはじめて見たジャニーズ。

福岡県出身のASKAの作った

「STAR LIGHT」は個人的に一番好きだったのを

マサムネ氏が軽く歌った。(歌えてなかったケド)

40代のお客さんのほうがちゃんと歌えたはず。

そのころ、もうすでに大人だったってことか。。。

********************************

これからについて

まだまだ、これからのネタが尽きないみたい。

モニャモニャは進化する?!

「1987→」の歌詞の「不思議な歌」いっぱいつくりだしそう。

www.youtube.com

********************************

まだまだ冬のことは考えられませんが、

「ロックロック」あるようです。

日本の南側でもやってほしい・・・。

 

headlines.yahoo.co.jp

でもまだ夏の楽しみは始まったばかりで次は8月、そして福岡へ。

 

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 20170722広島 

f:id:howtoflythesky:20170723232400j:plain

 

今年1本目!

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”

7月22日の広島グリーンアリーナ。とてもスてきな時間でした。

 

はりきってグッズは広島出身の内藤さん撮影の30周年記念の写真集と

名前をつけてやるのタオルを購入。

泊まったホテルには今回のスピッツのツアーのグッズ30/50のグッズや

Tシャツ率が高かった。もうすでに2本目3本目の方ばかりなのか・・・。

ツアT買ったほうがいいのか決めきれず今回は買わず。

 

広島のステージは1列目の席とかなり距離が近い印象。

アリーナも後ろだったけれどもオペラグラスと頭の隙間から

三輪さん側だったけど、リーダーのほうがよく見え

草野さんはなんとなく見えました。

スタンドでも大阪城ホールよりは近そう。

広島でのアリーナ公演は初!グリーンアリーナも初!

会場は街の中心地に近いので便利いいことや

マツダスタジアムに草野さんの観戦に来た際にヒスイという金券ショップに

行ったことなどゆるいトークと対照的な張りのセトリでノリノリでした。

グリーン、グリーンと呟いていたので、

「醒めない」のアルバムから「グリーン」は歌うのかちょっと期待もあったけど、

それはなかった・・・。

昔のはなしの中で1990年ごろ光GENJIが流行っていた解散するときの

思い出話で草野さんが「スターライト」をギターで適当に弾いて歌ったり。

歌えてない、メロディもちょいちがう感じ・・・だったけど、

名曲なんだよねと思う1曲を久々聞きました。

 

23日のアンコールでは「ハチの針」歌っていたので・・・聞きたかったなぁ。

 

ツアーブログ見ても盛り上がった広島の熱さが伝わります。

spitz-web.com

 

カープに関するトークもあり、

シングル曲中心で構成されたセトリと言っても、

かなりロックなファンにたまらない曲順。2曲目に「8893」。

エスカルゴ」、「けもの道」、「夜を駆ける」、「ヒバリのこころ」、

「恋する凡人」、「俺のすべて」・・・とその他いろいろ。

とにかくまた聞きたい!!!昔の歌のことや話も面白い・・・。

あと、まだまだやる気を感じた。スピッツまだまだ活動しそう!

崎ちゃんのドラムの音も大きく力強かった。

 

夏休みの思い出がひとつできました。

福岡でまた会いましょう。9/2、9/3とスピッツ初マリンメッセ!

福岡ネタのトークもたのしみ。