How to fly the sky ★☆★

日本のロックバンド「スピッツ」をつぶやくブログです。

ご長寿バンドを拝んだ★SPITZレディオクレイジー

f:id:howtoflythesky:20180103234126j:plain

なんと、年末に行けた!大阪。体調も良くなかったけど、・・・

フェスとか行ったことなかったのにスピッツ出るなら行く!

福岡から帰省客の多く乗った新幹線に乗り、

スピッツだけのために14時くらいから会場前で並び、

14時半くらいに中に入って、

2バンド公演待ち、右側の前のほうへ前のほうへと進み、

5列目くらいをなんとかキープし、スピッツ

KEYTALKって・・・なんであんな客は飛ぶの~~(泣)

ただでさえ2本足で支えるしかないのに飛んで前に押され・・・、

身体は斜めだし、酸素うすいし、足元はペットボトル転がるし、

身体は薄くなるんじゃないかってくらい押される・・・。

めっちゃ寒かったのに汗が出るほど熱くなる。

でも・・・ここで倒れたら・・・

せっかくの前で拝めるスピッツに会えないし、

ほんとに具合悪くなっていた人もいたし、

12月9日に行った仙台のロックのほそ道は、みんな行儀良かったこと。

普通のスピッツファンはほかのバンドの演奏もちゃんと聴くんでしょうけど、

KEYTALKは・・・体張って立つことと体温調節と、曲どころじゃない。

 

そしてお上品なスピッツファンの人たちは相当・・・耐えて待ちにまった

17:10スピッツ登場!

皆知っている曲の「空飛び」からノリノリの「みそか」「野生のポルカ」と

スピッツからのお客さんへの引き込みは凄い!

おかげで今年一番近くでライブを楽しませていただきました。

出ているバンドのなかでもいちばん年長かな?とご挨拶され、

ご長寿バンドとおっしゃってました。

もちろん技術もだけど、言葉がスーッと伝わってくるマサムネさんの声。

「みそか」は歌詞の違うところで「浮いて~」と歌ってしまい、

そのまま何もなかったかのように演奏を終了したようでした。

顔は見合わせていたようですけど、

ライブならではのも自然に展開にも流れ気づかせないとこも

スピッツの素晴らしさです。

 

「子グマ!子グマ!」とか醒めないの今のスピッツで作られた歌から

ライブで聴きたい「8893」「さわって変わって」

ヒバリのこころ」とかセトリもなかなか♪グッときました。

カバー曲はポルノグラフティの「アポロ」

スピッツを知らないお客さんもグッと引き込むロックな演奏!!

なんと大人なバンド!!「今日一番盛り上がったかな?」とマサムネ氏。

今話題の「楓」も演奏!「上白石さまさまです」と

歌っているわけではないけど・・・とおっしゃってました♪

www.youtube.com

今年の夏のツアーでも、醒めないのツアーでも楓は歌ってましたし、

マサムネさまのソロでギターと歌うところなんか、

引き込まれます。

 

12月にスピッツライブ2回!!ありがたき貴重な時間。

来年は夏くらいまで・・・現実に潜んで生活します。

ロックロックもしそうだし、ゴースカ開催しそうなので、

また行けるかな。タイミング合えば2018年もスピッツに会えますように。

しばらくはDVD鑑賞します。

 

f:id:howtoflythesky:20180104002642j:plain

 帰宅後より上腕が痛いのです。レディクレ後。。。

ヒバリのこころ」で体は斜めで両手あげて叩くって途中しんどかった・・・し。

お席のあるほうが安心して見れるなぁ。

www.youtube.com

 

 

なんと!SPITZのラジオ番組「SPITZ草野マサムネのロック大陸漫遊記」

f:id:howtoflythesky:20171222215743j:plain

f:id:howtoflythesky:20171222215804j:plain

( ↑ 写真は10月のスピッツエキスポの写真です ↓ )

宇宙虫って実在するんですね・・・。

「君が思い出になる前に」の写真がいっぱいでした。

f:id:howtoflythesky:20171222220031j:plain

 

年末の忙しい・・・スピッツ情報に気が抜けたこの時期に・・・

気づいたら50歳なってたマサムネ様。

ラジオ出演!って情報にゲスト?!と思っていたら、

なんと、マサムネさまの番組!

www.tfm.co.jp

目が覚める出来事です。

草野マサムネがパーソナリティー!

2018年1月7日(日)より、TOKYO FM/JFNでスタート。
 ******************************

タイトル:『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記
放送時間:毎週日曜日 21:00〜21:55
初回放送:2018年1月7日(日)
放送局:TOKYO FM / JFN34局ネット(各局放送時間違い)
出演:草野マサムネ

*******************************

しかも・・・全国34局の中に福岡という地名がない!!

FM佐賀で聞くんかいな・・・悪くはないけど。

福岡県民には・・・シビアな選局です。

今でこそラジオも色んな手段あるけど、福岡入れて欲しい・・・。

 

そんなことよりタイトルの「ロック大陸漫遊記」ってタイトルが素敵!

醒めないのアルバムから1987→とまだまだ続くもの感じます。

ゆっくりな口調で素敵なお話聞けるんでしょうね。虫のはなしとか?

 

12/9 ロックのほそ道 仙台GIGS

f:id:howtoflythesky:20171216222341j:plain

f:id:howtoflythesky:20171216222506j:plain

行くぜ東北、冬のごほうび!

福岡県民が・・・行ってきた。当然初の「ロックのほそ道」

土日の休みで行けちゃうプランが見えたことで決行した1泊2日の旅。

片道6時間の道のり。着いちゃった仙台。

遅めのランチの牛タン定食でエネルギーチャージして、

地下鉄東西線乗って会場へ。

 

17時半くらいに着いたので物販買えず…。寒い…。

少し待って整理券番号順で1000番台で待って中へ入り、

とりあえず行けそうなとこまで前に進む。

1階の真ん中くらい、右側くらい結構近い距離か?

スタンディングなのでオペラグラスは持っていかなかったけど、

裸眼でもまあまあ見えた。

今までの会場の座席より近いのかな?!と思う距離。

スタンディングだと背が高い人上に動かない人が前にいたのが…ちと見にくい。

連れられてきたんだろうなずっと動かない。壁のよう…。

音はなんかキンキンとなっていて、イイ歌の途中…気持ちが止まる。

ストレイテナーフラワーカンパニーズ

藤原さくら(福岡の出身)、と

そして…待ちに待ったスピッツ!!

 

アリーナとは違う!「三日月ロックその3」から聴いたことない曲ばかり。

ituneの音源とは当然違う、力強いカッコいい歌ばかりで素敵!

2曲目から「野生のポルカ」で歌詞は「みちのくの空~♪」と

楽しく盛り上がり、2曲目でこんな盛り上がっちゃってるとヤバい!

「子グマ!子グマ!」は生歌いいわぁ。

 

マサムネさんはいつも丁寧に地元ネタをトークに交え、

いろいろお話されてましたね。イルミネーションが素敵だとか。

おすすめのイルミも見てみたかったけど、

寒くてホテル近くで夜は過ごしました。

 

「8893」の曲にノリまくっている最中に気持ち良きところで、

リーダーが三輪さん側にやってきて

ピックを投げたらなんと近くに飛んできてた!

あまりの盛り上がりと、こんなとこに飛んでくるの?と、

今投げるの?と、物が飛んでくる距離なの?と、ビックリ。

飛んできたとこの人も…落ちてきたのが当たってから気が付くくらい・・・。

 

熱く盛り上がったライブは9曲+アンコール2曲。

最後に「ミーコとギター」で終了!!

ミーコはどんなふうに乗っていいのか、わかんなかったけど、

ミーコを一緒に歌って、ああ…終了!

12月にスピッツに会えるとは思っていなかったので楽しかった。

滞在時間は1日もなかったけど、貴重なサタデーナイトでした。

今は「歌ウサギ」を心に抱いて細々と日常に戻っております。

 

 

きっと来年はあまり活動がないのでは・・・と

大阪の「レディオクレイジー」を申し込んでみたらチケットが取れた。

何もなければもう1回、ラスト♪スピッツに会える。

今年は5回もライブ行ったのにまだ行く・・・って。

でも、どの回も飽きないで見れるってさすが素敵。

山の中を駆けあがり下り見に行ったライブ、

香川のテアトロンに行ってきたことを考えたら、

肉体的なつらさは飛行機に乗っても快適な仙台の旅ライブありがとう。

今年最後のフェス♪ 曲目は少ないだろうけど、

あと少し…課題が多いのだけれども、今年、頑張ろう。

まだまだ50歳からも頑張ってくれそう良かった!

 

 

 

スピッツ★福岡の公演の新聞記事

 

つい最近の雨降った日曜日、チケット購入でお世話になった

地元の新聞に(ほんといい席ありがとう!)

9月のスピッツの福岡公演の記事が出ていました。

2017 9月 | スピッツ結成30周年記念ツアーブログ - Part 3

 

内容は・・・スピッツの9/2と9/3公演、

30年色あせないとか、

こんなに人が集まってこの客層は何か・・・。

 

普段着が多い?ツアータオルくらいか?とか、日常生活にすぐなじむ。

(実際は現在のツアーT以外にも過去のものを着てる人が多かっただけなんだけど)

 

スピッツ4人がメンバー変わらない、草野マサムネの普遍的でない歌詞の世界など。

 

ほぼマサムネ氏のことと、客層の幅と中高年から女子高生まで幅ひろい・・・

中高年はライブ途中で座っている・・・(別によかろうに)的なこと、

一般的わかりやすいスピッツの記事でした。

 

もっと、わかりやすい一般的イメージと違って、

「熱いスピッツ」を書いてもらいたっかた気も。。。

 

福岡県ということで・・・というよりも

「SPITZ」= ほぼ草野マサムネ氏のことしか書いてなかったこと(笑)

記事が紙面の2/3は占めていたので、面積で許そうかな。

f:id:howtoflythesky:20171102013618j:plain

写真は大きかったので良しとしとこ。

 

 ********************************

 

タワレコの福岡に行かなかったのに、スピッツEXPOの大阪に行った時の写真

マサムネ氏、お若い。中腰素敵。

f:id:howtoflythesky:20171102013831j:plain

f:id:howtoflythesky:20171102013900j:plain

人がいない時間帯だったので人が入らず写真がとれた。

草野球チームのユニフォームやあのアルバムで使われいるあれ!など。

 

f:id:howtoflythesky:20171102014221j:plain

おぬしは・・・こんなところで何してる?可愛い。

 

 

これから冬のスピッツこと・・・

チケット先行申し込んでみた前に、発表と同時に宿を先に予約し、

先行チケットを申し込んでみた・・・期待はゼロに近かったけど、

当たってしまった!冬のスピッツ!!!

遠すぎるんですが・・・、

今年のさいごは素敵な締めになりそうです。

 

 

 

SPITZEXPO2017 スピッツエキスポ!

f:id:howtoflythesky:20171008222532j:plain

SPITZEXPO2017 〜SPITZ30th×ロックロックこんにちは!×Central67〜

10月に大阪でスピッツエキスポ開催! | SPITZ OFFICIAL WEB SITE

なんと!福岡県民なのに・・・行ってしまった・・・。

スピッツエキスポ2017♪

 

関西方面に行くことになったけど、時間も合わないか、

スピッツエキスポの前売り券は売り切れて購入できず、

「ちっ!」って思っていてあきらめていたら、

当日券・・・って行けば入れる???って・・・思いついた夕方。

閉館の30分前での到着。

道も右も左もよくわからない福島・・・。

 

モニャモニャでかい!!すごいよ!!

f:id:howtoflythesky:20171008222830j:plain

 

なんで、なんで・・・大阪のみ!疲れた。寝る!!!

スピッツの夏 終わる

スピッツ、結成30周年記念ツアーを完走。「引退しません!」 (M-ON!Press(エムオンプレス)) - Yahoo!ニュース

headlines.yahoo.co.jp

スピッツ結成30周年ツアー宮城で幕、ライブ映像作品&6枚組アナログ盤同時リリース (音楽ナタリー) - Yahoo!ニュース

headlines.yahoo.co.jp

 

あっというまに夏が終わってしまいました。

★早速のリリース情報★

ライブDVD / Blu-ray

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” 」が

12月27日にリリース!!

早いなぁ。。。正月はこれで年越して生さだのまっさんでもみますか。

 

 

スピッツ90年代のころの・・・ひとりごと

itunes.apple.com

スピッツは1991年にメジャーデビューして、

そのころの自分はというと学生・・・。

お兄さんバンドの大勢のうちのひとつ・・・いう印象。

 

夜中の番組とかでスピッツの曲がタイアップされ、

徐々に世の中にスピッツが浸透し始めたころ、

青い車」をよく聞いていたかな。

その聞いていた曲が入っているからと、

買ったアルバムは「空の飛び方」。

空の飛び方 | SPITZ OFFICIAL WEB SITE

 

このころは3000円するCD一枚買うことに厳選し悩んだころ。

そのCDは今も持っていて、そのころのCDには、

CDの裏面を守る保護シートがケースに今も貼られていて、

大事に思う気持ちと時代を感じる。

 

CDがついた車もあったかなかったのころ、車で聞くのに

この中の曲をカセットにダビングしドライブ用にセレクトしてくれた

毎日とは言わないが同じ時間を学校も違うのに一緒にすごした友人。

このアルバムを聴くとそのころの思い出がよみがえる。

 

その友人は浜田省吾スピッツ

ミスチルの初期の3枚のアルバムなど進めていたが、

今更、最近になってスピッツと浜省は同じ事務所のアーティストと知った。

 

そのころCDコーナーでバイトしていたので、在庫チェックしていたので、

にわか知識なりにレコード会社名とか気になり、

スピッツはポリドールというレコード会社から出されていて、

流行りの音楽とは何か違うんだろうと思っていた。

当時の流行りのCDジャケットの雰囲気ともまた違う。

 

そのころの売れていた記憶のあるCDはBOWWYのCDで解散から何年も経っていて、

歌っていた姿を知らない年齢の人たちが購入し売れつづけていた。

 

スピッツのCDは長い間、気に入っていたこともあり、

処分せず、大事に持っていて今でも車の中で聞いている。

曲とタイトルは一致しなくても曲は知っている。

持っていても違和感のない時代は多少感じても色あせてない。

なんせCDは古いのでパソコンにCDに取り込んでも

タイトルとか出てこないんだけどね・・・^^;

自力で入れさせてもらったけど。。。